診療科・部門

心臓血管外科

心臓血管外科について

当院心臓血管外科は、1980年に開心術を開始して以来、仙台を中心とする地域の専門病院として心臓血管外科手術治療に邁進してまいりました。
主に成人の心臓血管疾患を対象にしており、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術(CABG)、大動脈弁や僧帽弁などの弁膜疾患に対する弁形成術や弁置換術、胸部や腹部の大動脈瘤や急性大動脈解離などの大血管に対する手術を中心に、成人の先天性心疾患や心臓腫瘍に対する手術なども行っています。
また、心室頻拍症や心室細動などの致死的不整脈に対する手術(不整脈起源の凍結手術など)はもとより、心房細動など生活の質を落とす不整脈に対しても術後の生活の質(QOL)を考慮して手術(メイズ手術や肺静脈隔離術)を行っています。
また、手術の低侵襲(からだにやさしい)化にも勤め、冠動脈バイパス術では1996年より人工心肺非使用の心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプCABG)や、翌年には左小切開下CABG(MIDCAB)の導入、弁膜症に関しては1998年から小切開弁膜症手術(正中MICS弁膜症手術)や、2017年からは右小切開僧帽弁形成手術(右小切開MICS)を始めています。
大動脈瘤に関しては、より低侵襲なカテーテルによるステントグラフト治療も行っています。末梢血管に対する手術では、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)に対するバイパス術や、下肢静脈瘤に対する手術が主なものです。
手術成績は、専門病院の責務を果たすに十分なレベルと考えておりますが、さらにより安全で低侵襲な手術、よりQOLをあげる手術を目指して日夜研鑽しています。
手術に際しては、患者様とその御家族様、そして我々医療スタッフとの信頼関係が最も重要と考えており、十分な説明や対話、相談を大切に考え、皆で病気を克服しようというスタンスで取り組んでいます。

施設認定

  • 心臓血管外科認定修練施設(基幹施設)
  • 日本外科学会認定施設

実績

5年間の手術実績:2014年1月1日~2018年12月31日

手術実施総数(A+B)549例(4)

冠動脈に対する手術(冠動脈バイパス術など) 146(2)
弁膜症に対する手術(弁形成術、弁置換術など) 110(0)
大血管に対する手術(胸部大動脈瘤や急性大動脈解離に対する人工血管置換術など)※1 46(2)
先天性心疾患に対する手術 5(0)
心臓腫瘍に対する手術、その他 3(0)
A 人工心肺非使用冠動脈バイパス術を含む人工心肺を用いた手術の計 310(4)

※1 ステントグラフト治療 5例 含む

B 腹部大動脈瘤や末梢血管に対する手術やその他の非開心術の計 ※2 239(0)

※2 ステントグラフト治療 24例 含む

不整脈手術(メイズ手術等) ※3 25(0)

※3 A・B手術に重複して施工

()内は術後30日以内の手術早期死亡例

医師紹介

顧問

椎川 彰
SHIIKAWA AKIRA
Profile 筑波大学卒業
心臓血管外科専門医
修練指導医
日本胸部外科学会 指導医・認定医
日本外科学会 指導医・認定医
日本循環器学会 循環器専門医
専門分野 心臓血管外科
メッセージ よりクオリティの高い手術を目指します。一緒に心臓病を克服しましょう。

部長

細田 進
HOSODA SUSUMU
Profile 福島県立医科大学卒業
心臓血管外科専門医
日本外科学会 専門医
日本循環器学会 専門医
腹部ステントグラフト実施医
専門分野 心臓血管外科
メッセージ 医療全体、心臓血管外科分野も多様な時代となっていますが、患者さんにとって最善の医療、手術を目指していきます。お気軽にご相談ください。

医長

池田 昌弘
IKEDA MASAHIRO
Profile 香川大学医学部卒業
日本外科学会 専門医
三学会構成心臓血管外科専門医
専門分野 心臓血管外科全般
メッセージ 2022年2月より着任しました池田と申します。
2002年卒業後より心臓血管外科を専門としてきました。
主に開心術全般を行ってきました。
東北に住むのははじめてなのですが、仙台はとても住みやすい街と聞いていますのでとても楽しみです。
患者様に寄り添った治療をこころがけておりますので、よろしくお願いいたします。

塩﨑 悠司
SHIOZAKI YUJI
Profile 富山大学卒業
専門分野 心臓血管外科
メッセージ 患者さんに寄り添った治療ができるよう努力していきます。よろしくお願いします。

外来担当表

   
新患・予約外・再来 AM 椎川 椎川 細田
池田
(再来のみ)
椎川 -
PM - - 細田
(再来のみ)
池田
(再来のみ)
- -
下肢静脈瘤外来
(予約制)
PM - 椎川 - 椎川 -