診療科・部門

呼吸器内科

呼吸器内科について

当科は、当初、1992年(平成4年)よりアレルギー呼吸器科として、泉区の開業医の先生方はじめ、県北医療機関からのご紹介の呼吸器疾患(COPD、喘息、呼吸器感染症、胸膜疾患(気胸、胸膜炎)、睡眠時無呼吸症候群など)の患者様の入院を含む診療を行ってきました。常勤医の定年や退職に伴い、現在は非常勤医のみで、呼吸器病床はありません。
当科外来では、COPD(肺気腫と慢性気管支炎)、喘息(気管支喘息や咳喘息)および慢性呼吸器感染症(非結核性抗酸菌症、気管支拡張症など)について、画像診断(胸部XP、CT)、精密肺機能検査(スパイロ、肺拡散能検査)、呼気NO検査および喀痰細菌培養検査を施行し、診断して外来管理をしています。
特にCOPDに関しては、息切れのない生活を目指して、薬物療法、急性増悪の予防に力を入れ、呼吸不全の進展を遅らせるように取り組んでいます。疾患の進展や加齢で呼吸不全が進展した場合は、日常生活の質を落とさないように、時期を逸さずに、在宅酸素療法(HOT)を導入して、元気に生活しておられます。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)については、簡易ポリソムノグラフィーを施行し診断し、CPAP療法を受けておられます。比較的軽症の肺炎などの場合は、当センターに入院し治療を受けていただく場合もあります。しかし、人工呼吸器管理の必要がある重症疾患(重症肺炎、喘息重積発作、間質性肺炎急性増悪など)については地域の基幹病院へご紹介しています。
呼吸器内科では、呼吸器疾患の患者の皆様のために、看護部、検査科および事務の職員と共に、丁寧で、心のこもった、専門性の高い診療をめざして、日々取り組んでいます。

医師紹介

 

岡山 道子
OKAYAMA MICHIKO
Profile 大阪大学卒業
日本呼吸器学会 専門医
日本内科学会 認定医
日本アレルギー学会 認定医
日本医師会 認定産業医
専門分野 呼吸器内科(感染症・COPD・喘息)
メッセージ 循息切れ、咳、痰があれば、早めの受診をお待ちしています。

外来担当表

   
新患・予約外・再来 AM 岡山 交替※4 岡山 交替※4 交替※5
  • ※4 東北労災病院医師、※5 東北医科薬科大学病院医師