当院について

理念・基本方針・診療方針・ 患者さんの権利と責務 ・院長挨拶

理念

「すこやかな人生すこやかに」

基本方針

  1. 全ての事業を通じ、社会福祉及び公衆衛生の向上に寄与し、最善で最高の医療を提供します
  2. 高度な技術・知識を習得するため自己啓発に努めるとともに、働き甲斐のある職場環境をつくります

診療方針

  1. 人権を尊重した医療を全職員が一体となって行います
  2. プライバシーの保護に努め、同意と納得が得られる医療を実践します
  3. 循環器・消化器疾患の専門病院として地域医療機関等との連携を強化し地域医療に貢献します
  4. 救急医療の充実に努めます
  5. 精度の高い、安心で安全な健診を提供します
  6. 健康増進のため保健指導などの支援活動に努め、疾病の予防と早期発見を図ります

患者さんの権利と責務

良質で満足のいく医療を受けていただくためには、患者さんが医療従事者と一緒になって積極的に医療に参加できることが必要であると考えます
患者さんの権利と責務を以下に示し、これらを尊重することにより患者さんと医療従事者が信頼関係で結ばれた医療を実践します

患者さんの権利

  1. 安全で良質な医療を受ける権利があります
  2. 一人一人の人格や価値観が尊重される権利があります
  3. 病状、治療、手術、検査などについて、分かりやすい言葉で十分理解できるまで説明を受ける権利があります
  4. 十分な説明と情報提供を受けた上で、治療、手術、検査などをご自分の意思で選択する権利があります
  5. ご自分の意思で他医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります
  6. 診療の過程で得られた個人情報やプライバシーが守られる権利があります

患者さんの責務

  1. 最善かつ適切な治療や検査を受けるために、患者さんは医療従事者に対してご自身の健康に関する情報をできるだけ正確に詳しく伝える責務があります
  2. 安全で質の高い医療を受けるために、ご自分の健康状態を理解し、治療に協力する責務があります
  3. 全ての患者さんが適切に医療を受けられるように、病院の規則を守り、他の患者さんへの医療の妨げにならないよう配慮する責務があります

院長挨拶

 当院は、1979年に開設された心臓、血管の病気である循環器疾患の専門病院です。循環器疾患には、急性心筋梗塞、急性心不全など急激に病状が変化するものもあり、24時間体制で救急医療ができる体制を敷いています。また、循環器内科と心臓血管外科の専門医がチームとなって治療方針を決め、カテーテル治療や心臓血管外科手術を行っています。病態が安定したら心臓リハビリテーションにより早期回復と再発予防に努めています。循環器疾患の進展には生活習慣病である高血圧、糖尿病、脂質異常症が深く関わっており息の長い予防治療が必要となります。当院ではこれらに対する専門医も診療に加わるとともに、かかりつけ医の先生と連携して患者さんをサポートするようにしています。

 2016年に現在の仙台市地下鉄泉中央駅前に移転しましたが、循環器疾患だけでなく、胃腸の病気である消化器疾患の診療にも消化器専門医が一層力を入れて取り組んでいます。消化器外科では、負担の少ない胃、大腸の内視鏡検査や腹腔鏡による手術も積極的に行い実績をあげています。さらに、肺気腫、気管支喘息といった呼吸器疾患の専門医の外来診療も行っています。

 病気は、予防と早期発見が大切です。このために総合健診センターを併設し地域の皆さんの健康管理のお手伝いも行っています。

 「すこやかな人生すこやかに」という理念のもと、私達は当院に来院された皆さん一人ひとりに寄り添った診療に努めて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

一般財団法人
 宮城県成人病予防協会
仙台循環器病センター 
院長 八木勝宏