一般財団法人 宮城県成人病予防協会

理事長のご挨拶

「すこやかな人生すこやかに」の理念のもと、最善で最高の医療を提供いたします。

 日頃は当協会の事業に多大なご理解とご協力を賜り、心から御礼申し上げます。
 さて、当協会は昭和38年、心臓病、高血圧等の循環器疾患を主とした生活習慣病対策のため、財団法人宮城県心臓血管病予防協会として設立されました。昭和54年に附属病院の仙台循環器病センターを開設、昭和59年に財団法人宮城県成人病予防協会と改称いたしました。その後、健康診断施設として昭和63年に中央診療所、平成元年には市名坂診療所を開設し、「予防から治療まで」の一貫した医療サービスを提供できる医療機関として今日まで事業を展開してまいりました。また、平成25年4月には公益法人制度改革に伴い一般財団法人へ移行し、同年10月には創立50周年を迎えました。

 健康診査部門の市名坂診療所・中央診療所では、住民健診・事業所健診・学校健診を主とした各種健康診断で、宮城県内の多くの皆様にご利用いただいております。全国労働衛生団体連合会の労働衛生サービス機能評価で認定を受けるなど、精度の高い検査と快適な受診環境を提供できる体制を整えております。また、診療部門の代表となる仙台循環器病センターでは、最新の医療機器と確かな技術で、循環器疾患を中心に24時間体制で専門的な診療をおこなっています。
 全ての職員が、受診される皆様を第一に考え、専門的でありながら、受診者・患者様に寄り添ったあたたかい医療を提供できるよう日々努めております。

 こうした歩みを経て、平成28年10月、診療部門「仙台循環器病センター」と健診・人間ドック部門「市名坂診療所」を統合し、新病院として移転開院を行うことになりました。この「仙台循環器病センター」の移転開院は、「総合健診センター」の併設によって、予防から治療までの一貫した医療サービスの質をさらに向上できることや、仙台市地下鉄「泉中央駅」隣接という利便性の高さによって、健診が気軽に受けやすくなり、通院治療や継続的なリハビリ等を行う上でも患者さまの負担軽減となること、といった二つの大きな意義を感じております。「すこやかな人生すこやかに」という理念に基づき、地域に根ざした「予防・健診・治療・再発予防」活動に取り組み続けてきた当協会にとって、これまで以上に地域の皆様のお役に立てる環境を得られたことに、スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

  当協会は、これまでも、医師・看護師等医療スタッフ・事務職スタッフが「三位一体」となり、常に患者さまの立場に立った思考・言動を心がけ、実践するという姿勢を貫いてきたと自負しております。今後も最善で最高の医療を提供し、皆様から信頼される医療機関として地域社会への貢献を図ってまいりますので、引き続きご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般財団法人 宮城県成人病予防協会
 理事長 日下睦男

↑up

 
ホーム | 協会概要 | リンク | お問い合わせ先一覧 | プライバシー・セキュリティーポリシー