一般財団法人 宮城県成人病予防協会

求人案内

後期研修医 募集

勤務施設: 仙台循環器病センター
募集対象: 初期臨床研修終了予定者及び修了者、卒後4〜6年目
募集診療科: 循環器科、心臓血管外科、麻酔科
研修期間: 原則として3年間
処 遇: 身  分:正職員(常勤)
給  与:委細面談
手当等:当直手当・学会出張補助・赴任手当・住宅補助
お問い合わせ :

[担当]事務局長 小畑 充(おばた みつる)

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央一丁目6-12
[TEL]022-372-1116/[FAX]022-372-1483
[E-MAIL]obata@mygsji.or.jp

 
研修概要

仙台北部地域の専門病院で、急性疾患の救急対応から慢性期の外来管理まで、循環器疾患一般について広く研修できることが特徴です。

循環器科研修内容

日本循環器学会循環器専門医研修施設
日本内科学会教育関連病院

虚血性心疾患における心臓カテーテル検査については、1年目で造影の習得(年間最低200件)や冠血管インターベンションの術者補助、2年目では病変により冠血管インターベンション術者まで可能です。
不整脈疾患では、ペースメーカー植え込み手術や電気生理学検査、カテーテルアブレーションなどの術者補助として研修します。両室ペーシングや植え込み型除細動器植え込み手術も行っています。
トレッドミルやエルゴメーターによる運動負荷心筋シンチグラムなどの検査も週1日は担当し、心電図やRI検査判読技術を習得します。心エコーは、経胸壁および経食道エコーにつき随時研修可能です。
入院患者への対応を主とした研修ですが、外来は週1日、ペースメーカー植え込み患者専門外来も交代制で担当になります。

現在の循環器内科スタッフは、卒後12年目以上が5名、7年目が1名、5年目が1名です。循環器内科および外科ともに東京女子医大の関連病院ですが、卒業大学はさまざまで、いわゆる学閥はありません。気持ちよく働ける、意欲のある方を広く募集します。研修終了後は当院スタッフとしての勤務継続や関連施設への紹介なども致します。

心臓血管外科研修内容

日本胸部外科学会指定施設の関連施設
三学会構成心臓血管外科基幹施設
日本外科学会関連施設
三学会構成(日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会)

<心臓血管外科症例の概略>年間症例数

1.弁膜症 25〜35例(高齢者ASや変性性MR主体、MRは原則形成術)
2.CABG 40〜50例(on pump50%、off pump50%前後)
3.大血管 20〜30例(内、腹部大動脈瘤 10例程度)
4.不整脈直達手術 10例(MAZE手術、VT手術、WPW症候群等すべて対応)
5.成人先天性 3〜5例
6.未梢血管 30〜40例
 

CABG症例では、1年目は開胸、閉胸から各種グラフト採取や第二助手、2年目はグラフト採取、第一、二助手等、3年目では冠動脈病変により術者も可能です。弁疾患症例では、2年目より症例によっては術者も可能です。
また、消化器外科手術年間100例程あり、希望があれば経験でき、また軽症例の術者は可能です。
内科的なカテーテル検査も希望があれば可能です。

現在スタッフは卒後10年以上の心臓血管外科専門医2名(内、胸部外科指導医、外科指導医1名)です。東京女子医大心臓血管外科の関連施設ですが、広く研修に来られる方も多く、やる気のある方を希望します。

麻酔科研修内容

日本麻酔科学会認定病院

東北大学病院麻酔科専門医研修プログラム参加 PDFダウンロード
後期研修医の方へ:当院は日本麻酔科学会認定病院です。また東北大学の関連施設です。
東北大学病院麻酔科専門医研修プログラムに参加しています。
心臓血管外科、一般外科以外の症例は、週1-2日、東北大学やその関連病院で研修をすることができます。
当院で研修後専門医に必要な小児外科や、呼吸器外科などの麻酔を東北大学やその関連施設で続けて研修することも可能です。

当院での手術内容
心臓血管外科手術の麻酔

<心臓血管外科症例の概略>年間症例数

1.弁膜症 25〜35例(高齢者ASや変性性MR主体、MRは原則形成術)
2.CABG 40〜50例(on pump50%、off pump50%前後)
3.大血管 20〜30例(内、腹部大動脈瘤 10例程度)
4.不整脈直達手術 10例(MAZE手術、VT手術、WPW症候群等すべて対応)
5.成人先天性 3〜5例
6.未梢血管 30〜40例

JB-POTに合格している指導医が経食道心エコーの指導をします。
ファーストラックを目指した麻酔管理を習得できます。

一般外科手術の麻酔 年間約120例

消化器全般の外科手術の麻酔を習得できます。
硬膜外麻酔併用全身麻酔だけでなく、抗凝固療法を行っている場合は、エコーガイド下にTAPB、RTBを行っており、ブロックの習得も可能です。
研修後は、
現在指導医1名なので全ての手技等を一人締めできます。
専門施設で心臓麻酔を研修してみませんか?

↑up

 
ホーム | 協会概要 | リンク | お問い合わせ先一覧 | プライバシー・セキュリティーポリシー