財団法人 宮城県成人病予防協会【中央診療所】

健康診断コース一覧

1.定期健康診断(Aコース)

事業者は、常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期的に行わなければなりません。

検査事項 検査内容 摘 要 料金(税込)
身体測定 身長・体重・腹囲 全員対象 4,222円
血圧測定 最高/最低血圧
診察 聴・打診
尿検査 糖・蛋白
視力検査
胸部X線検査 直接
聴力検査 オージオメーター 35才と40才を除く45才未満は医師が適当と認める方法でもよい。
1,000Hz /4,000Hz
 

2.定期健康診断(Bコース)

事業者は、常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期的に行わなければなりません。

検査事項 検査内容 摘 要 料金(税込)
身体測定 身長・体重・腹囲 全員対象 9,720円
血圧測定 最高/最低血圧
診察 聴・打診
尿検査 糖・蛋白
視力検査
胸部X線検査 直接
聴力検査 オージオメーター 35才と40才を除く45才未満は医師が適当と認める方法でもよい。
1,000Hz /4,000Hz
心電図検査 安静時 35才を除く40才未満は医師が必要でないと認めるとき、省略する事ができる。
貧血検査 赤血球数、血色素量
肝機能検査 GOT、GPT、γ-GTP
脂質検査 LDLコレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール
糖尿病検査 血糖(空腹時・HbA1c)
 

3.生活習慣病予防健診(Cコース)

検査事項 検査内容 料金(税込)
身体測定 身長・体重・BMI

21,600円


バリウム検査から、
上部内視鏡検査へ
切替の場合
27,000円

血圧測定 高/最低血圧
診察 聴・打診
尿検査 糖・蛋白・潜血
視力検査
聴力検査 オージオメーター1,000Hz / 4,000Hz
血液一般検査 赤血球数・白血球数・Ht・Hb
脂質検査 T-cho・TG・HDL-cho・LDL-cho
肝機能検査 GOT・GPT・γ-GTP・ALP
腎機能検査 CRE・UA
血糖検査 空腹時血糖・HbA1c
胸部X線検査 直接
胃部X線検査 食道、胃、十二指腸7枚以上撮影
心電図検査 安静時
免疫学的便潜血反応検査 2日法
 

4.雇入時の健康診断(Dコース)

事業者は、常時使用する労働者を雇い入れる際は、当該労働者に対し、必ず行わなければなりません。

検査事項 検査内容 摘 要 料金
身体測定 身長・体重・腹囲 全員対象 9,720円
血圧測定 最高/最低血圧
診察 聴・打診
尿検査 糖・蛋白
視力検査 裸眼・矯正
胸部X線検査 直接
聴力検査 オージオメーター
1,000Hz / 4,000Hz
心電図検査 安静時
貧血検査 赤血球数、血色素量
肝機能検査 GOT、GPT、γ-GTP
脂質検査 LDLコレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール
糖尿病検査 血糖(空腹時・HbA1c)
 

5.特定業務従事者の健康診断

配置替え及び6ヶ月以内ごとに1回定期的に行わなければなりません。

6.海外派遣労働者の健康診断

6ヶ月以上の派遣時と帰国時に行わなければなりません。

7.深夜業従事者の自発的健康診断

平均して1ヶ月当たり4回以上深夜業に従事の方です。

オプション検査

検査項目 検査で分かること 料金(税込)
胃部X線検査 消化管をバリウムと発泡剤で造影して撮影しますので食道・胃・十二指腸の詳しい状態を知ることができます。 13,824円
胸部CT検査 より精度が高く、微小肺がんも発見することができます。 12,960円
腹部超音波検査 腹腔内を影像化し、安全かつ手軽に肝臓・胆のう・すい臓・腎臓・脾臓など腹部のさまざまな異常を知ることができます。 5,400円
骨粗しょう症検査 骨は老化現象により、加齢とともにだんだん粗く、軽くなってきますので骨量を調べます。 2,376円
血圧脈波検査 ABI(足関節血圧/上腕血圧比)を測定し、動脈硬化の進行度をスクリーニングします。 3,240円
肺機能検査 肺活量や初めの1秒間に吐き出された量である1秒率を測定し、肺の機能を調べます。 2,160円
大腸がん検査 消化管からの出血の有無を調べます。 1,620円
前立腺がん検査 前立腺肥大、前立腺がんの有無を調べます。 1,944円
喀痰細胞診検査 痰の性状や痰に含まれる細胞を調べることにより、呼吸器病発見の手掛かりとなります。 2,592円
HCV抗体検査 c型肝炎ウィルス感染の有無を調べます。 2,160円
各種腫瘍マーカー検査 AFP (肝臓\がんなど) 2,592円
CEA (胃、大腸がんなど) 2,592円
CA19-9(すい臓、胆嚢がんなど) 2.700円
胃がんリスク検診(ABC分類) 胃がんになりやすい状態かをスクリーニングする検査 4,320円
 

特殊健康診断

  • 1.じん肺健康診断
    粉じん作業に従事した労働者に対して、就業時・定期・定期外・離職時に行わなければなりません。
  • 2.有機溶剤健康診断
    有機溶剤業務に従事する労働者に対して、雇入れ時、配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に行わなければなりません。
  • 3.鉛健康診断
    鉛業務に従事労働者に対して、雇入れ時、配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に行わなければなりません。
  • 4.電離放射線健康診断
    放射線業務に従事し管理区域に立ち入る労働者に対して、雇入れ時、配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に行わなければなりません。
  • 5.特定化学物質健康診断
    特定化学物質を取り扱う労働者に対して、雇入れ時、配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に行わなければなりません。

行政指導による健康診断

  • 1.VDT作業健康診断
    VDT作業に常時従事する労働者に対しては配置前および定期に実施する必要があります。
  • 2.腰痛健康診断
    重量物取扱い作業・介護作業等腰部び著しい負担のかかる作業に常時従事する労働者に対して、配置前およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に実施する必要があります。
※特殊健康診断及び行政指導による健康診断についてご希望の場合は、検査依頼内容と対応可否を事前に確認させて頂きますのでご了承下さい。

←戻る

↑up

 
ホーム | 協会概要 | リンク | お問い合わせ先一覧 | プライバシー・セキュリティーポリシー